2019.11.19sazanka19
冬の曇り空。山茶花の花がはらはら散り始めています。
aokinoe
久万美でも出展中の青木野枝氏の展覧会公式図録です。(鹿児島県霧島アートの森・2019年7月26日~2019年9月23日と府中美術館・2019年12月14日~2020年3月1日) 青木野枝フアンのYさんがもってきてくれました。
図版、写真を多用し、その時々に青木野枝自身のことばを入れてあります。ミュージシャンの寺尾沙穂が「鉄から光をすくう人」のエッセイを寄せていてより身近に青木野枝を感じました。
「鉄は最も硬いイメージを付与されながら、なんと自由な物質だったのだろう」

hako19hakoooi19
安倍安人さんの外箱蓋の覆いを作っています。
hansita19
12月5日からの「額展&ナンダカンダ展」の版下が届きました。


2019.11.18
午後には通り雨。気温も少し上がりました。
toru1nidukuri17-2
「ナンダカンダ展&風雅額展」のDMの準備などごぞごぞやっています。
murasuzume17
昨夜閉店間際に来られたIさんのお土産、岡山へ行っていたからと「むらすずめ」
今朝、コーヒーと一緒にいただきました。


2019.11.17zangetu17
初冬の空。
sinmai
「我が家には今日炊くお米がありません」とウチノカミサン。店主が午前中に参加した会の参加賞は何と新米でした。台風19号で被災された宮城県の特別栽培米・復活ササニシキです。有難く戴きます。
naganonoringo
午後届いた長野のりんご、これも台風被害でキズの入ったりんごです。


2019.11.16
小春日和、小六月とも言われる日中の陽気です。
sekirei16

suketti16tateyama
午後、慎ましく画廊に来られた方がいました。旅の途中下車とのこと。立ち話もなんだからどうぞと椅子を勧めお茶も出すとおもむろに出てくる話は面白く、こんなハガキをいただきました。全国津々浦々を回られて描いた絵をハガキにしているのです。俳句も嗜んでいて松山では子規記念博物館も寄り今治、西条と移動しています。店主よりかなり年配の方ですがお元気で次の新居浜、四国中央市へと出て行かれました。お気をつけて!愉しい余生ですね。


2019.11.15
碧い空です!
sazankanosora15nisikigi
気温が下がったら一変に赤くなった錦木。
keiyonde2
愛媛県美へ出かけます。
posuta-3maikage15
日中は本当に爽やか!
kennbi3
「千住博展」の開展式です。
kennbi2kennbi1
イルミネーションのように色が変わり写真撮影が出来ます。
明日16日から2020年1月19日までの開催。


2019.11.14
雨の予報だったけれど…気温が下がるようです。ウチノカミサンは冬バージョンに。
sagyoutyuu14
昨日出来なかった作業をします。

午前中に来られた宮島明さんと「これでよしなに」を片手に大いに笑いました!
ギャラリーでないと出来ないお手伝いがあります。久振りのKさんにひょっこりお電話で依頼されました。
午後、以前から気になっていたとおっしゃって来廊されました。お若い方ですが話が弾んで嬉しかったです。


2019.11.13
日中は温かくなりました。
siyakusyo1siyakusyo2
パスポートの期限が近づいているので継続して申請しておきます。以前は県事務所での手続きでしたが今は市役所で済ませることが出来るようになりました。
huugahehuugahe2
今日の定休日も風雅さんところへ。
huugahe3huugahe5huugahe4
様々業界の話題の中で額の外箱の注文があるそうです。店主はギャラリーを始めたころ外箱も造っていました。なかなかきちんと造っていましたが風雅さんが始められ仕事も忙しくなり目も悪くなり止めました。なので風雅さんの新しい工房2Fに「箱師アマネ」の作業場を併設して欲しい!と要望を出しています。ギャラリーかわにしを閉めたあと「額師 風雅&箱師 洽」と言うのはどうだろうか?
baipasu13
ミウラート・ヴィレッジへもと思っていましたが帰廊して用もありこのまま帰ります。
miuratirasi


2019.11.12-2
晴れが続いています。
suisen12huri-jya12tuwabuki12
ギャラリーでは水仙やフリージャの葉が伸びてきてツワブキの黄が明るいです。寒くなって咲く花も待ち遠しいですね。
aozora12
すっきりした青空になりました!
entyouko-do
2Fのコンセントが少ないので延長コードを遣っています。
2Fの片づけで思いがけないものも出てきました。現在の場所に移ってきたのは昭和63年の初秋でした。商店街の人や友人が来てくれギャラリー内でテーブルを並べ食事会をしました。その時の写真も出てきてちょうどギャラリーに見えたYさんに見せると、おぉー!若い!店主にも四十代の若いときがあったのでした。


2019.11.11
今朝のテレビで11月11日は「シシャモの日」とのこと。シシャモを干している姿からなったそうです。なるほど!
hana3hana2hana1
ギャラリー入口に据えているアンスリュームの鉢から採って挿しました。曲がっている花器に曲がっている花。
ooba1
大場咲子さんの「仔象をつれて」 やっと掛けることが出来ました。お客様と当方の都合で今日になったのです。大場咲子さんにも早速メールで知らせました。


2019.11.102019.11.10isi
今朝もすっきり晴れました!それでも明日は雨の予報。
mayumi10kumonoitokarasu2wa
青空のマユミ、光る蜘蛛の糸、仲睦ましいカラス。
kumabi1kumabi2
久万美術館の「空間に線を引く」出品作家さんたちによるギャラリートークがあります。駐車場から美術館までのプロムロード、本格的な紅葉まではすこし時間がありますがひんやりした空気のなかを歩いていくのは嬉しいですね。
hijikatasannoesain
平塚市美術館長代理の土方明司氏と足利市立美術館次長の江尻潔氏のお二人が司会進行をされます。作家さんは青木野枝氏、三沢厚彦氏、棚田康司氏のお三方。展示室に移動してその時々に作家さんたちにマイクを渡し和やかな笑いもあり、エピソードもあり時間はあっと言う間に過ぎました。土方さんとご一緒に撮っていただき枝香庵の荒井さんに送ります。
ウチノカミサン、図録に青木野枝さんにサインをおねだりしていました。
kumabi4
夕暮れ近い山を眺めながら帰ってきました。