2021.9.16
何とか一日持ってまた明日は雨、台風崩れと侮ってはいけません、
16tijyounohosi16.2.mozu116.1.mozu
モズが縄張りの声を上げて、
9.15yuuzora19.16.2yuuzora3banokarasu
昨夕の空、
suzume16.1suzume16.4
群雀、稲が実るころは嫌われ者になる…
hazusu2hazysu3hazusu12fsagyou16
昨日、風雅さんところへ残りの額などを持っていったので、今日からはギャラリーかわにしの2Fにしていきます、まだまだ暑いので一日少しづつの作業です、
15bara
先日の薔薇がまだきれい!


amehuri15.2amehuri15
一晩中雨音がしていた、
zerokomasanhe
零駒さんへお尋ねの返メールをして、
15utyuuutyuu15.2huuga15
雨の中を一路風雅さんところへ、
huugasan15kumakotyan15
額装を頼まれていた水彩画も風雅さんに渡し、
jyakarandanoiehiganbana15houkigusa
道中、ヒガンバナも咲いていた、
kaeri3kaeri2kaeri1
水墨画のような景色、
nisinoyama
小松のインターで降りて、
ginzawesuto
ギャラリーへ帰って来たところに届いた、古い付き合いのある業者からお礼にとのことでした、有難う!


2021.9.14
静かな雨が、
bara14.1bara14.2otiba14.2
秋の雨の中で咲いている薔薇、
14bara
枝に在った様に挿して、
yomu14amehuri14agaru14
秋の雨が降れば静かな画廊内、
nitume14.2
先日の風雅さんが車に乗せず持って帰られなかったものを明日の定休日に持参することに、
yukinobousya13
松山のW氏から頂いた「雪の茅舎」おつまみ付きです、


2021.9.13asagao13
この先、一週間ほど天気がぐずつくようですね、昨日は何処かで運動会があったようで、風に乗り軽快な音楽が届いていました、
9.13mukuge2rin
木槿がそろそろ咲かなくなりそうなので今日は二輪、朝は蝉に代わってモズが高鳴きしています、
keitai13.2keitai13
ケイタイで話し、
turukae13turikae13.2
ちょこっと吊り替えて、
yomu13
先日、表具直しにお預かりしたお軸に関した冊子を読んでいます、


2021.9.12
すっきりと晴れない、
sakuraotiba12hiretagobou12
昨日掃かなかったら桜落葉の量がこのとおり、近くの田圃の帰化植物ヒレタゴボウが今年は増えています、
kyounomukuge12
今日の木槿、
kataduke12.2kataduke12.1dainooku9.12
昨日、風雅さんが額を引き上げたあとの整理をします、未だ少し残っている風雅額や空箱、パッキング用品、荷造り紐、そしてゴミ、毎日少しづつ片付けるようにして、台の奥に置いた書籍も見えてきました、
nidukuri12nidukuri12.2
一つ荷造りをして、
amehuri12
いつの間にか雨が降っていました、


2021.9.112021.9.11.2
9月11日、あれから20年、あの日ニューヨーク在住であった川島猛先生は香川に帰えられて制作されています、
agehatyou11ageha11.2
アゲハチョウが来ています、
tuwahuki
適当な花がないのでツワの葉を挿して、
huuga1huuga2huuga3huuga5huuga4huuga6
朝一番に連絡あって風雅さんがギャラリー2Fの風雅額を一部引き上げに見えました、風雅さんふたりは何時ものようにテキパキ作業をされます、年寄りの店主たちは足手まといにならないよう1Fに降ろして並べるだけのお手伝い、風雅さんたちは午後からすぐ予定があり風のように飛んで帰られました!やっぱり若い!
hazeransanjisou2
愛媛新聞に「植物楽(しょくぶつがく)」がほぼ毎日掲載されます、先日は「ハゼラン」ウチノカミサンは3時草」と呼んでいます、花茎の花と赤い実が線香花火のようなので「爆蘭(ハゼラン)」だそうです、初めて本名を知りました、ちなみに最初にウチノカミサンに花の名を教えた人は午後4時ころにさくから「4時草」でした、


2021.9.10
この場所から石鎚山が見えなくなる日が近づいてくる…
kisidasan9.10
今日の愛媛新聞に先日、「第29回萩原朔太郎賞」に選ばれた岸田将幸氏への取材記事がありました、9月4日の同紙に、「愛媛での創作については『大きな美術館や文学館、詩のイベントが多くあるわけではないが、それでも地元できちんと生活をして、きちんと書けると証明したかった』と話した。」
店主がずっとずっと若いころ、仕入れの出張から夜遅く西条駅に降り立ったときのこと、人気の無い駅前を見て呆然としました、あぁ~こんな町でぼくは商売をしている…急に心細く不安になったこがありました、

今日、大阪へ帰る途中に立ち寄った若い業者と何だか青くさい噺ばかりしていました、

utusemi9.10ikabukareha9.10
朝、家を出るとき聴きなれない蝉の声、あれぇ~?みんみん蝉です!我が家で聴くのは初めてです、サザンカにあった脱殻は彼のものかしらね、池西剛さんの窯場から帰るとき、東京の街中でもよく聴きました、アブラゼミ、クマゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシそしてミンミンゼミ、来年の夏も楽しみです、
azukeru9.10
今日はヤボヨウもふくめて出て行くことが多いです、


2021.9.9
夜半、大きな雨音で目が覚めまて、
amatuyu9.9amatuyu9.9.2
ウコンの大きな葉に雨露、
9.9mukuge
今日の木槿、
aozora9.9aozora9.10.2
だんだん青空が拡がり、
20年ほど音信が無かった同業者から連絡がありました、会って話せば山ほどあり、いろいろありましたと、ご両親の介護のあとご自身も病を得てやっと元気になり、元気であればまた会えますね、と受話器を置きました、
itino1itino2
市野裕子さんからのご案内、涼しくなれば展覧会も多くなるでしょうね、


2021.9.8
山を越えた太平洋側は大雨、
tijyounohosi9.8
sakurakouyou9.8sakuraotiba.9.8
公園もご近所さんも桜黄葉、そして落葉、
yaboyou9.8
午前中のヤボヨウで、
gekkeijyu1
ギャラリー裏庭の月桂樹、
tokiwatuyukusa1
ギャラリーご近所さん前の用水路のトキワツユクサ、庭の草刈に職人さんが入っていました、
medaka9.8medaka9.8.2
気がかりなことは忘れて心置きなくゆっくりメダカを見ています、


2021.9.72021.9.6yuuisi
2枚目、昨夕の石鎚山、
白露の今日、富士山では初冠雪が観られました、東京はここのところ気温が下がっていましたからね、例年よりかなり早かったようです、
soranokibatijyounohosi9.7
毎日桜黄葉がはらはら落ちて青空が透けて見えます、
9.7mukuge
今日の木槿、随分以前に来たことがありますと来られた方がこんな挿しかたもいいですね、
takumasii9.7kyuugyoutirai9.7
ご近所の休業チラシ、この12日で解除になればいいねぇ、
humanjyu9.7
丸亀の麩饅頭「福福餅」 なんと店主たちはこの夏初めての麩饅頭でした!